よっさんの『心のワイン』

嗚呼、麗しきかな。
悠久なる白ワインの聖地『コッリオ』よ。
ワインの王を生み出す煌星の如き銘醸地『ランゲ』よ。

このブログは、生産者・インポーターさん・レストランさんを
「飲み手」の立場から支援したい想いで書いています。

(画像・文章・内容に関わる一切の転載のを禁じます。) 

イタリアワインショップ検索エンジン「ヴィノーレ」

冬休みを利用して、楽天に出店していない、イタリアワインショップを検索できるサイトをつくりました。



vinore-logo


楽天で売り切れてしまった、あのワインが見つかるかもしれません。

GAJA(ガイア)の受賞履歴

下記サイトに、GAJAのイタリア3大ワイン・ガイドにおける、最高賞の受賞履歴をまとめました。

トレ・ビッキエーリ総計表。

「ガンベロ・ロッソ」さん(と2008年版まで、イタリア・スロー・フード協会さんと共著)によるイタリア・ワインのガイドブック、 vinid'italia (ヴィーニディタリア)について、面白い発見がありました。

vinid'italia は、僕の知る生産者の間では、なぜか評判の悪いガイドですが、テイスティング母数は他のガイドを圧倒しており、何より世界中で一番売れているイタリア・ワインのガイドブックです。

この vinid'italia において、優れたワインに贈られる最高賞が、「トレ・ビッキエーリ(3グラス)」。

毎年10月頃になると、世界中のワインファンがそわそわし始め、速報の発表を心待ちにしています。

多くのワインサイトは、この「トレ・ビッキエーリ(3グラス)」の速報を、そのままネットからコピー&ペーストして貼り付けているところが多いのですが、実は、その元となっている「ガンベロ・ロッソ」さんの発信内容のクオリティが、あまりに酷いのです。

(過去このブログでは、「トレ・ビッキエーリ(3グラス)」獲得ワインを、日本語版に訳し発信してきましたが、気がつく範囲で齟齬を直していました。)


何が酷いのかと言うと、銘柄名・生産者名の記載ポリシーが、毎年異なっているのは当たり前。

生産者名・ワイン名が違っていたり、ヴィンテージが「199」と肝心の下1桁が無かったり、
ワイン法が改定される毎に呼称が変化することによる影響とは考えられぬ程、煩雑の極みです。

時には、速報発信後、暫くしてホトボリが冷めた頃に、しれっと、受賞ワイン(生産者)が差し替えられていた、なんてこともありました。

世界中のワイン販売に対して計り知れない影響力のあるガイドなのですから、発表はもう少し慎重に行ってもらいものです。
(適当な内容を発信しておいて、正しい内容を知りたければ本を買え、というのも、なかなか凄いマーケティング手法ですよね。)

このような、ガイドの最高賞獲得ワインを、「一義的に見比べる仕組み」が作れないかと考え、手始めに 各社がネット等で発表した内容を、齟齬やエラーを修正し、1つのエクセル表にまとめる作業を行いました。

ピボットを適用しますと、年次別のガイドブックでは見えないような発見が、幾つも見えてきました。

詳しい内容はこちらでご覧いだたけます。

Luca Roagna (ロアーニャ) 2

Roagna60


ロアーニャに関する記事は、こちらのページに移動しました。

Luca Roagna (ロアーニャ) 1

Roagna08


ロアーニャに関する記事は、こちらのページに移動しました。

昨夜の自宅での古酒会

久々の自宅ワイン会だったが、中々考えさせられるもの多く、学びの多い内容だった。
自宅古酒会20111111


1) Villa d'Este Vino Spumante Metodo Classico Special Reserve Brut 2007 / Romagnoli
2) Ch. Haut-Brion Blanc 2004
3) Pino Nero 1998 / Movia (写真なし)
4) Barbaresco 1967 / Luigi Minuto
5) Barolo Riserva Speciale 1967 / Luigi Calissano E Figli
6) Barbera 1971 / Oddero
7) Vin Santo del Chianti Classico 1997 / Podere il Palazzino

4)は、カッシーナ・ルイジンの親父さんが、現役の頃作っていたもの。

Oddero の バルベーラは艶々と輝きを放ち、
とても40年以上も経っているとは思えぬ香りと味わい。
これは、バルベーラ種特有の寿命の長さなのか、モンフォルテの地質によるものなのか、
なにより造り手の腕なのか、単にヴィンテージが良すぎたのか、
実に謎の多いワインだった。
長い歴史がありながら、日本では無名に近い生産者だけに、是非、次回訪問したい作り手のひとつ。

全体を通してみて、最後の il Palazzino のヴィン・サントが、酒質としては
並みいる強豪を抑え頭一つ飛び出している印象。

・・・ やはりイタリアの甘口ワインは侮れぬ。

Azienda Agricola Gaja (アンジェロ・ガイヤ) 2

Azienda_Agricola_Gaja_24

伝統とスタイリッシュが共存するガイヤの味わいを、そのまま目に見える形で表現したような、コラージュ作品の数々飾られています。

さらに、ガイヤ・ワイナリーに飾られているアートや、ヴィンテージワインのボトルをご覧になりたい方は、こちらを参照ください。

※諸般の事情により、記事を別のブログに移動しました。
ブログサイドバー生産者ボタン
ブログサイドバーchart
ブログサイドバー過去記事
free counters
最新記事
記事検索
twitterに投稿
NAVERまとめ